Diary

“Road to 8hours”鈴鹿300km耐久ロードレース観戦!


鈴鹿サーキットへ、“Road to 8hours”鈴鹿300km耐久ロードレースを観にいって来ました。
真夏のような日差しの中、でも風は冷たくて気持ちいい一日でした。



300km耐久と言うのに、スタートからスプリントレースのような展開。


トップ争いは、スタート直後からこの2台の超接近選は続き・・・。
一時はバイクNo.634がトップに立つものの、30周目のバックストレートで伊藤真一選手のバイクNo.1が抜き、再びトップに。
それでもNo.634の追撃は続いたのですが・・・。

No.1、F.C.C. TSR Honda 秋吉耕佑/伊藤真一が優勝。


No.634、MuSASHi RT HARC−PRO.山口 辰也/小西 良輝 が2位


そして、ヨシムラスズキwithJOMO 酒井 大作/徳留 和樹 が3位となりました。


8耐のテストレースの意味合いが強いこのレースですが、
最後の最後まで、目の離せないレースでした。

それにしても肩の日焼けが痛い!(+_+)
2009年06月14日(日) No.349 (モータースポーツ)
Comment(2)

この記事へのコメント

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

Name
E-Mail
URL
感想
1000文字まで
Pass
No. PASS